じじとばばの会話

20180116_165544
じじ:佐川の証人喚問に、日当が出るんだって。
ばば:ええー!いいな。ワタシ、1年365日24時間、いつでも何度でもオッケーよ。
じじ:ふふっ、ばばを証人喚問しても、何も出てこないけどね。
ばば:だって、何も出てこないのは、安倍だって、佐川だっておんなじじゃない。嘘を言いまくって、白を切り通して、都合が悪くなると「記憶にございませーん」って。それで日当16,000円って、粘って、粘って、1ヶ月も証人喚問を続けて貰ったら48万円だものね。こんなおいしい話、な・い・じゃ・な・い。
じじ:はは、何をいってるだか
ばば:ワタシ 病弱なんで、タクシーで行きまーす。いやタクシーじゃなくってぇ、首相たちが使っている黒塗りの車がいいかなぁ。それでぇ、自宅前まで送迎して貰いたいわね。
じじ:ばかなこと言ってるんじゃないよ。黒塗りの車って、ばばには、霊柩車が差し向けられるかもよ。
ばば:それはかんべんして。
じじ:冗談は別にして、この人(国会で「佐川事件」と質問した自民党議員)、恥ずかしくないのかね。ばばの好きな一茂さんだって、書き替え問題も重要だけどあくまで本丸は、8億円の値引き問題だって、わかってるというのに、国会という場で、佐川事件なんて言葉を作ってまで、安倍にこびる姿勢を露骨に示してね。
ばば:自分のことしか考えてないからよ。自分個人の出世や、利益そのために誰にすり寄っておいた方が良いか、そういうことしか考えてないからじゃないの。
じじ:それにしても、「すまじきものは宮仕え」というけど、ほんとにそうだね。あんなに必死になって安倍を守ろうとしていた佐川さんが、都合が悪くなるとバッサリ切られるだけでなく、全ての責任を押しつけられようとしているんだからね。だいたい、8億円の値引が行われた当時の理財局長は、佐川さんではないのだから、そこに全ての責任を押しつけるなんて無茶もいいところだよね。
ばば:必死になって安倍を守ろうとしてるっていうことでいえば、この田崎さんもそうよね(丁度、テレビの画面に田崎氏が出ている)。わたし、この人が出るのは、かえって面白いと思う。だって、この人がしゃべることは、そのまま安倍の言いたいことじゃない?わかりやすくて、だから、この人がしゃべることで、一茂さんが、みんなにわかりやすく、問題点を指摘できるようになるからね。
じじ:たしかに。
「良い土地だから前に進めて」というのは、籠池氏の話だけだっていうけど、その籠池氏の話と時期を接して、安倍昭恵付秘書の谷査恵子氏から、財務省に「どうなってるの?」と問い合わせがされ、それに財務省側が懇切丁寧な回答をしている事実が、今回公開された「決裁文書」には、一言も触れられていない。まだ、資料を隠しているとしか考えられないよね。それはともかく、総理夫人秘書から「どうなってるのか」と問い合わせがされたという事実は、財務省側からすれば、総理夫人からの圧力以外のなにものでもないよね。政治家の秘書が「私は、国会議員の〇〇の秘書だけど、お宅のやっているこれこれの事業だけどね。」と役所に問い合わせをしてきたときに、役所が、「これは〇〇議員の御意向とは無関係」なんて、考えないよね。政治家のよくやる、支持者の交通事故のもみけしだって、議員自身が直接動くのではなくて、そういうことは秘書がやるものだしね。それなのに、「今回公開された文書によれば、これはもう、私や私の妻が関与していないことははっきりした」なんて良くそういうことが言えるよね。

20180115_145601

(と、画面は変わって伊調馨さん問題での至誠館学長の記者会見に)
じじ:うわっ!何を言ってるんだか。パワーが無いからパワハラなんて出来ないだって。こんな理屈が罷り通るなら、ほとんどのパワハラは無いことになっちゃう。だって、係長や、課長、部長なども、社長から「こうしろ」と言われたら、それに従う程度のパワーしかないんだからね。
ばば:強化本部長にパワーが無いなら、パワーの無い人がどうやって選手を強化するというのかしらね。こんな人が学長を務めている大学の学生がかわいそうね。
じじ:学生たちが、学内で抗議行動を起こさないものかね。
ばば:自分の大学の学生は、そういうことはしないと思ってるから、記者会見を開いて、こんな馬鹿げた発言をとくとくとして出来るんじゃないの?
じじ:つまり、自分の大学の学生を馬鹿にしてるってこと?
ばば:そう。大学の評判を下げるというけど、誰よりもこの人自身が、大学の評判を地に落としているよね。
安倍首相、池坊保子、この至誠館の学長…この人達みんな共通してるね。自分が一番偉いと思ってるんじゃないかしら。

広告

じじとばばの会話 

DCIM0407_2
じじ:ねぇ。これ見て。
ばば:なに?ベートーベンの肖像画ね。それがどうかしたの?
じじ:小学校の頃、音楽教室の壁にベートーベンやシューベルトやバッハなどの音楽家の肖像が並んでいたよね。
ばば:はい。
じじ:当時、あの肖像画を見て、それらの楽聖をだいぶ年上の人達と思っていたけど、今見ると、こんなに若々しい肖像画だったんだと思ってさ。考えて見ればベートーベンが亡くなったのは1827年、56歳の時で、この肖像画は、それよりももっと前の時期の多分40代頃に書かれたものだろうから、今の僕たちから見れば若々しいのも当たり前だよね。
ばば:そうね。当たり前と言えば当たり前だけど、それだけ私たちが年をとったということよね。私たちが子どもの頃は、40歳といえば、もう立派な大人だったものね。
じじ:話は変わるけど、それにしても、ひどいものだね。
ばば:何が?
じじ:もう、言うのもほとほと嫌になるけど、嘘と居直りのオンパレードのこと。
ばば:ほんと。裁量労働制のでたらめな基礎資料や、森友学園の記録の書き替えのことね。
じじ:今税金の申告期だけど、僕たち国民が、でたらめな資料を作って税申告したりしたら、どれだけ酷い目にあわされることか。領収書の金額を書き替えたりしたら、ヘタをしたら処罰されかねないよね。それなのに、その税金を管理する役所が、8億円ものお金をドブに捨てるようなことをして、しかも、その証拠が次々でてきても、誰も処罰もされない、誰も国民に向かって謝りもしない。それどころか、安倍や麻生は、そうしたことを審議する国会の場で、へらへら笑っている。
ばば:麻生や安倍のあの態度、ほんと、なんとかならないのかしらね。
じじ:さも、「俺は大物なのだぞ」というようなふんぞり返ったあの態度は、ひどいものね。
ばば:国民も、よくあんな態度を許しているよね。
じじ:戦前なら別だけど、戦後の国会で、これほど事実がねじ曲げられたり、平気で国会の場で嘘が罷り通ったり、嘘がはっきりしても居直ったりなどということは無かったと思うよ。それだけ国会が軽く見られているということだね。
ばば:国会が軽く見られているということは、結局は、国民が軽く見られているということなのね。
じじ:さっきの話に戻るけど、40代のベートーベンの肖像をみて「立派な大人」と感じた理由の一つには、かっては、「30にして立つ」「40にして惑わず」という言葉が、そのまま社会の中で、自分より年上の大人たちを見てさほどの違和感も無く受け取れたということもあるのじゃないかな。
でも、いまの30,40を見て「30にして立つ」「40にして惑わず」などと言っても、それに当てはまるような30代、40代の人などほとんどみかけないよね。
ばば:確かに、アイドルを追いかけたり、ゲームにふけったり、オリンピックでちょっと話題になったケーキに群がったり…
じじ:こういうことを言うと、若い人たちからは、だから年寄りは頭が固いと言われるのだろうけどね。
ばば:頭が固くて結構。あたしゃ、勉強はできないけど、何が正しく、何が間違っているかということくらいちゃんと見分ける柔軟な頭をもっているつもりよ。